Amazon Cloud

Amazonによるクラウドプラットフォーム

Amazon Web Services(AWS)は、モバイルアプリおよびWebアプリ開発においてサーバーなしでバックエンド構築を可能とするものです。サーバーなし、とは文字通り、固定サーバーが不要になります。AWSを使用することで固定サーバー使用時に必要であった固定料金(サーバー設置費用・サーバー使用費用・保守点検費用etc)が不要となります。一方、従量課金制となりAWSの各種システム使用状況に応じて料金が発生します。

AWSには無料利用枠も用意されており、プロジェクト開始・テスト時期そして運用初期段階においては無料で使用できるケースが多いです。一方、実運用が進み一定の基準を超えた後に課金されていく仕組みとなっています。とはいえ、固定サーバー対比では手頃な価格であり、低コストなサービスです。

AWSをはじめとするクラウド型サーバーの優位性は、柔軟な拡張性、スケーラビリティです。必要な機能を必要なタイミングで追加・削除できるため、恒常的に固定費が発生する固定サーバー対比、コストパフォーマンスの高い運用が可能となります。

以下は、モバイルアプリ開発において最も有用となるAWSのサービスとなります。

1. Cognito - GoogleやFacebook等の外部IDプロバイダを使用する際の認証システム。

2. DynamoDB - ビッグデータを扱うNoSQLデータベース。SSDをストレージに採用し高速な動作が可能となっている。

3. Lambda - クラウド側のコード実行エンジン。Node.js、Java、C#、Go、Kotlin、Python、Rubyの各種プログラミング言語に対応可。

4. S3 - オブジェクトストレージサービス。(Simple Storage Serviceの略でS3)

5. SNS - プッシュ通知を送信する為の便利な簡易通知サービス。

6. SES - Eメール送信に適した簡易Eメールサービス。

7. EC2 - 仮想サーバー。(Elastic Compute Cloudの略でEC2)

我々は3年以上にわたりAWSを活用しており、こうの高いソリューションの提供が可能です。

その他の技術