Android

ネイティブアプリ開発ーAndroidアプリ開発

我々は5年以上ものAndoridネイティブアプリ開発の経験がございます。モバイルアプリ開発会社として、Reactive programmingやBluetooth LE等の技術を活用して参りました。

過去、Androidアプリ開発においてJavaが使用されておりましたが、2017年10月にGoogleがKotlinの採用を発表し、現在、Kotlinによるアプリ開発が標準となっています。

KotlinはJVM(Java Virtual Machine:Java仮想マシン)で動作するJavaバイトコードへコンパイル可能であり、簡潔かつ安全なことからモバイルアプリ開発の加速・人的エラーの最小化を実現しました。

我々は、既存のJavaコードおよびライブラリに優れたKotlinの相互運用性を活かし、質の高いネイティブAndroidアプリ開発を提案することができます。

Kotlinを使用したAndroidネイティブアプリ開発には多くのメリットがございます。SDK

1.高度なグラフィックアクセラレータやビデオ録画を含むAndroid

2.豊富なライブラリとUIのセット

3. Androidのエコシステム変動に対する適応性

一方でデメリットもございます。Kotlinは、あくまでもAndroidのみの単一プラットフォームにおけるアプリ開発が可能です。つまり、KotlinではiPhone等iOS向けのアプリを開発することができません。Androidアプリに加え、iPhone向けにアプリを開発する場合、Swiftを使用したiOSアプリの開発も必要になります。つまり、予算・工数が2倍になります。

しかし、我々はFlutterというクロスプラットフォーム開発も可能です。ハードウェアとの高度な相互作用や多くのサードパーティライブラリとの統合を必要としない場合は、Flutterを活用した開発の検討をお勧め致します。

その他の技術